FaceBook
Facebook

高学年になり、頭脳が明晰?になってくると、サッカーも戦術的な事やプレイの判断にアドバイスが必要になってきます。

でも、アドバイスで気をつけなくてはならない事は、”自由を奪わない”こと。

小学生のある時期は、その真面目さゆえに、監督の言う通り。決まりごとを守り過ぎます。
その為、判断しなくてはならない時に、指示を仰いだり、

自分で考えられないようになってしまう可能性があります。

勝っている時と負けている時のように、その場面場面でプレーは異なるものです。

サッカーは自由なスポーツ。 ボールが来れば、その瞬間は主人公。

あらゆる選択肢が与えられるのです。
監督の指示はその中のひとつに過ぎません。

たまには、仲間まで欺くようなプレーがあっても楽しいじゃないですか。

子供の発想を大切にしたいですね。

「わお!そこか? !」と、いうファンタジスタが現れるかもです。

だからこそ、逆に、時間の有る練習ではいろんな選択肢は見せてあげないとね。

最後に、決めるのはプレイヤー自身なんだから。